• エナメルの起源を知っていますか。

    エナメルのは異例の1種の古い芸術、数千年前に遡る。エナメルの縦跡始現纪元前世紀のご地中海、主に集中するとエジプトキプロス。古代彫刻家でギリシャもエナメル装飾彫像作品。仕切りではエナメルセクションの技術と呼ばれる掐丝エナメル(cloisonn E)、ろく世紀から盛んに。じゅうに世紀で埋め、エナメル(Champlev E)西方の世界を風靡し。同技術はエナメル記入でこぼこの金属板を経て、ばい焼後形。また、透明なエナメルもはやって世に、元々は濃厚な中心の色に対抗する。   じゅうはち世紀まで、エナメルマイクロ絵興って、使用細毛筆(は一本の毛髪)で、白いエナメル背景に一筆筆を描き出す色。エナメ

    [Read More...]
  • 舵手シリーズの探索者は腕時計が性に従って生まれた

    舵手シリーズの探索者の腕時計は、屋外の自然を崇拝するために生まれ、機能的に屋外運動の様々な訴求を満たすことができるだけでなく、先鋒の外観デザインや磨砂の質感に富んだ素材は、個人の気質と味わいを体現することができ、方寸の間に先鋒精神を漏らすことができる。美度舵手シリーズの探索者腕時計は、ステンレスPVDに黒灰の表殻をつけ、低調で質感のある茶色の牛の皮をつける、独特の色合いが美度にとっても新しい試みであり、探索者の腕時計に越野のファッションを注ぎ込むことができる。また、全自動機械腕時計は、美度Calber 80の全自動機械のコアを備えており、最高の80時間の長い動能記憶を持って、探している旅を楽し

    [Read More...]
  • 江詩丹回FiTYSXダルクが登場しています。

    260年の歴史を超えたスイスの製表ブランドの江詩ダントン(Vacheron制御tin)は、1月にSHHでFiTYSX腕時計を発表し、37万7000元から跳ね上がった低敷居で衝撃表を注文した後、ソウル特別市の現代カード音楽図書館でトップクラスのぜいたく版を発表したFiTYCX陀腕時計を発表しました。韓国の2大男神河正川さんと丁海郎さんに出席してください。   「よく食事をしてくれたきれいなお姉さん」で人気の丁海さんは、江詩丹トンの蔵家で、黒赤の大人服を身につけた江詩丹トンFiTYSXを身につけて腕時計を練り、カッコよく時計を破った。「神と同行」で陰間の使者を演じた河正さんも、弱気を見せ

    [Read More...]
  • ヒノキ2金橋の腕時計

    三金橋の飛輪腕時計は値段が高くなくて、すぐに5、六百万元を値します。今年のシケ表はSHHでシンプルな金橋の腕時計を発表して、三金橋は二金橋を変えて、陀飛輪を捨てて、価格はすぐに百万の出頭に下がって、高いCP値で世界を席巻しています。今、この時計はついに引き換えになって、つまり、ハンディの三宝の名表で販売して、そして新しい時計の着荷に合わせて4人の歴史を超えた骨董品の懐中表を展示して、11月15日は23日まで。     http://www.hotwatchesintroduction.xyz/ http://www.hotwatchesintroduction.xyz/wa

    [Read More...]