グランドセイコは1960年に最初の時計の18Kローズゴールドリメイクを開始します

セイコ創業140周年を記念して、グランドセイコは1960年にブランドが発売した最初の時計に戻り、新しい18Kローズゴールドリメイク(モデル:SBGW260)を発売しました。新しい時計には、直径38 mm、厚さわずか10.9mmの18Kローズゴールドケースが装備されています。湾曲したサファイアクリスタルの表面は、完全な読みやすさを保証するために防眩処理が施されています。同時に、時計は30メートルの耐水性と4,800A / mの耐磁性性能を備えています。

 

文字盤はすっきりとしたクリーム色で、シャープな18Kローズゴールドの針とケースにマッチするタイムマーカーが付いています。プレートの6時の位置の上に八角形のロゴが飾られており、手と時間のマーカーが貴金属でできていることを示しています。分針と秒針はわずかに下向きに湾曲しているため、読みやすくなり、時計がよりエレガントになります。このような詳細は、創設者の服部金太郎の態度と方法の継承と発展である、グランドセイコの慎重な態度を反映しています。

 

この時計は、キャリバー9S64手巻きムーブメントを搭載しています。ムーブメントには24個のジュエルベアリングが含まれ、振動周波数は1時間あたり28,800振動(4 Hz)です。1日の平均静的誤差は+ 5〜-3秒以内に制御でき、最大72時間のパワーリザーブ。アニバーサリーウォッチとして、内蔵の9S64ムーブメントも珍しく、ブリッジにはゴールドプレートが埋め込まれ、「S」のロゴが刻印されています。これは、服部金太郎が1900年に清光社に登録したロゴです。

 

1960年のグランドセイコの最初のスーパーコピー時計の18Kローズゴールドリメイクは、3つ折りボタンスイッチクラスプ付きの茶色のアリゲーターレザーストラップを使用しています。時計は350個限定で、グランドセイコブティック限定で販売されているとのことで、ヨーロッパでの推奨価格は28,000ユーロ、約22万元に相当します。

Comment is closed.