シチズンスターリースカイシリーズウォッチ鑑賞

東京を拠点とするCITIZEN(Citizen)の子会社であるカンパノラは、星空をテーマにした時計シリーズ「COSMOSIGN」を発売しましたが、星空の表面を追加するほど簡単ではありません。この時計は、北緯35度の本物の星座プレートです。 4.8より上の1027個の星、および166個の星雲と星のクラスターは、空の現在の星の位置を示すことができます。これは、一年中星を撮影する写真家やスターゲイザーにとって非常に役立ちます。
日本のギズモドJPが以前に報告した、有名な天体写真写真家でアーティストの加賀夜井が試してみました。「この時計の第一印象は、非常にハンサムで美しく、よくできていて、正しい星の位置を示すことができるということです。装飾ではなく、非常に実用的な機能です。」加賀矢崎が制作に参加した番組「天の川の夜」は、日本で100万人の視聴者を集め、小惑星11949も彼にちなんで名付けられました。

 
かがやろうさんは、遠隔地に行って撮影することもあるが、星空を撮影するのが一般的で、光は少ないがカメラの操作が難しいので、この時計を使って日中の撮影場所や撮影場所を確認するとのこと。方向性、日中は空を背景に三脚を設置し、夜は直接撮影します。

 

かがや蘭が例を挙げました。たとえば、夏の三角形を撮影したい場合は、ライラのベガ、アクイラのアルタイル、シグナスの天津Siで構成されます。

 

COSMOSIGNシリーズの価格は28万円と25万円で、約16,000元と15,000元です。詳細は公式サイトをご覧ください。

 

シチズンは常に多文化主義の概念を堅持し、絶え間なく卓越性を追求し、革新に努めてきました。シチズンは、世界市民の一人として、職人技を駆使して世界文化の前向きな発展と継続的な進化を推進する責任を負っており、自らの責任と考え、今後のあらゆる機会や課題に揺るぎなく応えていきます。

Comment is closed.