ルイモイネットがスペースレボリューションのダブルフライングトゥールビヨンウォッチを発表:星間探査

独立系時計メーカーのルイモイネットは、2020年のジュネーブウォッチデイズで想像力に富んだ作品を発表しました。「スペースレボリューション」時計は、2つの衛星スタイルのフライングトゥールビヨンと2つの小型宇宙船を文字盤に搭載し、魅惑的な「星間探検」シーン。

 

ローズゴールドケースの直径は43.5mmで、ミラードームの高さは驚異的な41.6mmに達します。すべての「宇宙船」と「宇宙ステーション」に独立した飛行軌道を提供するには、十分なスペースが必要です。

 

ブラックの文字盤は、ナノスケールのへこみがレーザーエッチングされており、光を吸収する能力を高め、現実的な「深い空間」の効果を生み出します。指針軸の下に隕石が埋め込まれており、時計ごとに隕石の出所が異なります。フライングトゥールビヨンは惑星を周回する宇宙ステーションのようなもので、上部フレームの形状はアンテナやノードキャビンを連想させます。

 

2つの小型「宇宙船」はそれぞれ0.5グラムのチタン合金製で、上の金色の宇宙船は5分ごとに時計回りに回転し、下の赤い宇宙船は10分ごとに反時計回りに回転します。 、つまり、彼らは1時間に18回会議を開きます。

 

LM104手巻きムーブメントを搭載し、パワーリザーブは48時間です。このムーブメントの開発と完成には3年を要し、パーツ数は470以上になり、リューズの巻き上げ/調整状態は背面の機能セレクターで切り替えることができます。

 

ブラックのアリゲーターレザーストラップが付属しており、数量は8個限定です。正式価格はまだ発表されていません。

Comment is closed.