エルメスが2つのArceau Canadian Wild限定版時計を発表

アンリドリニーが1978年にデザインしたエルメスアルソーシリーズの時計スーパーコピーは、ラウンドケースと非対称のラグが時代を超えた魅力を醸し出しています。現在、Arceauシリーズには2つの新しいホワイトゴールドとダイヤモンドの時計があり、文字盤を使用して自然の息吹を捉えます。それぞれ24個限定です。

 

新しい時計-シロクマとシロフクロウ-によって解釈される動物のテーマはすべて、カナダの創立150周年(2017年)にイギリスのアーティスト、アリスシャーリーによって設計された「カナダの野生へ」(カナダの荒野へ)に由来します。 ) 絹のスカーフ。元の写真は、カナダの広大な領土の自然の宝物と、豊富な野生動植物を描いています。エルメスはこの自然の賛美歌から2つの画像を選びました。そのうちの1つはケベックのシンボルで、シロフクロウはオーロラの中を自由に飛んでいます。もう1つはシロクマとその子が氷の崖の下に立っており、下に腰掛けて生き生きとしています魅力的な生き物。

 

各文字盤の作成には1週間以上かかります。職人はまず、きらびやかなアベンチュリンのベースにパターンの輪郭を描き、それを窯に入れて焼成しました。そして、交互に塗りつぶされていくと、風景や形の違う動物が生まれます。この作品の重要な要件は、姿勢、色調、スカーフの微妙なディテールが異なる写真を小型化し、文字盤で忠実に表現することです。

 

新しいアルソーカナディアンワイルドウォッチは、ブライトリングコピー自動巻き機械式ムーブメントを搭載した時計製造技術と優れた職人技を組み合わせています。シロクマモデルは時間と分を表示し、シロフクロウモデルは追加のムーンフェイズの利益と損失の表示機能を備えています。エレガントなホワイトゴールドのケースは手作りの文字盤にマッチし、ベゼルには82個のダイヤモンドがセットされています。また、エルメスの時計職人が作った青いクロコダイルレザーのストラップが付いています。

Comment is closed.