虹色の宝石は手首の奇跡のように魅力的すぎる

愛はジェンダーに中立であり、同婚立法の1周年は5月24日の「実施」の1周年に向けて動きます。 7つの色で作られた虹は、結婚の寛容と多様性を象徴しています。手首に幸福と寛容を保ちたいのであれば、虹は手首に停められ、時間とともに後退せず、いつまでも輝き続けるような、段階的な色の宝石がちりばめられた時計もたくさんあります。

 

ロレックスの「レインボーサークル」イエローKゴールドデイトナオイスターパーペチュアルコスモグラフデイトナジェムストーンは、2012年に発売され、この「レインボージェムストーン」ウォッチの創始者となる可能性があります。 2018年に、ロレックスはローズゴールドバージョンを発売しました。これもまた、高い評価を得ています。 36個のグラデーションサファイアがセットされたローズゴールドのベゼルに加えて、赤、オレンジ、黄色、緑、紫、青、その他のグラデーションレベルのスクエアカットサファイアが美しく、動き、ケースの側面にも象嵌が施されていますホワイトダイヤモンド、表面の3つのクロノグラフダイヤル(サブダイヤル)にも特別な処理が施されており、不規則なローズゴールドの光と影の変化を示しています。

 

常にロイヤルオークシリーズに基づいていたオーデマピゲは、昨年2つの「レインボー」コンセプトモデルを一気にもたらしました。 1つは37 mmのローズゴールドの女性用時計ですが、他のつや消しゴールドのスケルトンダブルバランスウォッチは、合計2.24カラットの32個の長方形のカットの虹色サファイアがセットされたベゼルに加えて、ケースとストラップがハンマーで打たれています。 「ゴールド」の職人技が魅力的で魅力的な光輪を醸し出し、特にムーブメントは中空構造の方法を採用しています。表面の8時位置にあるダブルバランスホイールは、虹の宝石と比較して職人技のハイライトです。

 

さらに、ピアジェは、今年、ピアジェが収集したブラックオパールを表面に使用し、86個のラウンドサファイアと72個のマーキスを使用したLimelight Galaジュエリーシリーズで、世界で1つに限定された高級ジュエリースタイルを発表しました。サファイアタイプ。現時点では、虹色は単なる装飾であり、手首に超自然的な魔法のシーンを示す、ブラックオパールの「プレイオブカラー」現象によるものです。

Comment is closed.