グランドセイコーSBGR311 9Sキャリバー20周年記念限定版が到着

2018年はグランドセイコーの独立の2年目であり、9Sメカニカルムーブメントのパネライコピー発売20周年であり、この20周年記念SBGR311は1,300 9Sムーブメントの限定版であり、バーゼル限定スタイルの特別なフェースプレートデザインを継続し、装備されています新しい9S68自動巻きムーブメントは、展示会では発表されなかったが、42mmケースに変更された隠しモデルであり、グローバル市場に参入する意向は明らかです。

 

 

もともとセイコーブランドのグランドセイコーシリーズの一部でしたが、フェースプレートのブランドは2017年にグランドセイコーとGSに正式に変更されました。このようにして、グランドセイコーは製品ラインを拡大することができます。誰もが同じように感じています。また、SBGR3111は、9Sメカニカルムーブメントの20周年限定版のメンバーの1つとして、以前はグランドセイコーが設計していなかったこのユニークなフェイスプレートも使用しています。

 

 

フェースプレートの3つのパターンは、GRAND Seikoの「G」、「S」、および稲妻「S」パターンです。稲妻の「S」パターンは、2番目の精工舎を表しており、東京の亀戸にあり、長野県のS訪精工舎が精工の2つの主要な生産力でした。将来的には、セイコーは2番目のセイコーハウスを岩手県Shi石に移し、現在のグランドセイコー機械式時計の生産拠点である新しいモリコカSII盛岡精工になります。盛岡は南部の有名な鉄製品の産地であるため、この限定モデルは地元の伝統的な火で鉄を作るプロセスに触発されたコーヒー色のフェイスプレートを使用し、グランドセイコーの新世代モデルの歴史を象徴しています。さらに、このモデルは、ゴールデンイエローのGS商標と秒針を使用していますが、これは多くの場合、限定モデルに固有のデザインです。

 

 

GRAND Seikoのサイズは過去に37〜40mmでしたが、アジア人の手首サイズに適合していますが、大型ケースや背の高いヨーロッパ人やアメリカ人が好きな消費者には小さすぎます。そのため、過去数年で工場は42mmのジュニアモデルを発売し始めましたが、2017年まで、グランドセイコーは正式に42mmのジュニアモデルを発売しました(スポーツモデルを除く、理由は後で説明します)。

 

 

ただし、大きな時計ロレックススーパーコピーケースを使用するのは簡単なことではありません。中でも、フェースプレートの面積を拡大するには、全体的な比率が調整されないようにタイムスケールと針を再設計する必要があります。さらに、再設計された部品は必然的に生産コストを増加させます。このモデルのタイムスケールと手を注意深く見ると、その領域が大幅に改善されていることがわかります。そのため、読みやすさは間違いなく小型モデルよりも優れています。さらに、工場の針と3次元タイムスケールの研磨はより高い仕様で処理され、独創的なエッジカット設計により、着用者はあらゆる角度でフェースプレートデータを簡単に読み取ることができます。

Comment is closed.