時計のデジタル時間マーカーの背後には非常に多くの注意があります

ドイツ語には「存在の強さ」という言葉があります。これは素晴らしい声明です。コピー時計絶対的な美しさやさはなく、強いものと弱いものの存在だけです。または、このように理解することもできます。これは、時間の最も単純で最も直接的な表現でもあります。アラビア数字の時間スケールをすべて使用しても、完全に異なる「存在の強さ」が生じるため、時間のさまざまな側面を感じることができます。

 

時計産業には、ブレゲデジタルタイムスケールと呼ばれるアラビア数字があります。ハプスブルク公爵はかつて、「ブレゲはほとんどすべてを発明した」と言いました。これには、1783年に時計製造の天才によって設計されたブレゲデジタルタイムスケールも含まれます。

 

新古典主義の影響下で、このタイムスケールの線は、まるで羽ペンで書かれた文房具のように長く、ふっくらとして自然で、うっかり快適で魅力的な雰囲気を伝えています。以前に時計で使用されていたタイムスケールと比較して、このフォントはより明確で実用的です。したがって、その影響は誕生の始まりやブレゲブランド自体に限定されるものではなく、時間の経過とともに古典主義時計の「標準構成」になりました。

 

今日、ブレゲのエナメル文字盤と時計はすべて、アブラハム・ルイ・ブレゲ氏によって発明された象徴的なブレゲの数字を使用しており、他の時計メーカーは多かれ少なかれブレゲのオリジナルデザインになっています古典的な魅力を継承しながら、独自の理解を追加することは、全体的なデザインを補完します。たとえば、北京ユアンディマンションのオープニングのためにパテックフィリップが特別に設計したカラトラバ5153Gウォッチは、公式ケースとトラック分目盛りと組み合わされた、より丸みを帯びた大胆なブレゲスタイルの数字を持ち、それにより公式ウォッチの独特のスタイルを強調しています。

 

ブレゲ氏の当初の意図と同様に、エルメスはフィリップ・アペロイグの元の書体を時計ロレックスコピーの顔に移しました。これは、審美的な純粋さをテーマとした芸術的な探求でもあります。フィリップ・アペロイグは書体のために生まれた男であり、彼の手には、シンプルな線に基づいた書体に活力に満ちた新しい魂が注入されているようです。エルメススリムデルエルメスの時計は、フィリップアペロイグのオリジナルフォントのシンプルで透明な輪郭のため、鮮やかで活気のあるリズムが注入されており、読書のあらゆる瞬間の時間のリズムをはっきりと感じることができます。

Comment is closed.