ゼニス・エル・プリメロ:ムーブメントの動き

絶えず稼働しているエル・プリメロムーブメントは、並外れた時計製造の結果です。世界初の自動クロノグラフムーブメント、自動ディスクは中央のボールベアリング上にあり、すべての部品と機能が1つに統合されています。 5年以上の研究開発の後、エルプリメロは1969年3月に世界と出会いました。ムーブメントは、13連(30 mm)の内径、6.50 mmの厚さ、トリプルジャンプモデルの厚さ7.55 mmで、絶妙で繊細です。ラチェットとリセットハンマーがムーブメントに追加されます。今日まで、それはまだ時計業界のモデルです。

 

45mmのステンレススチールケースの内部には、多くの情報が表示されます。ダイヤルには複数の表示領域がありますが、それらの間には微妙なバランスと対称性があり、それによりダイヤルが調和と美観になります。

 

9時から11時までは中空のデザインで、サファイアクリスタルガラスを通して、ヒゲゼンマイ機構、脱進機機構、および伝達機構の動きを直感的に見ることができます。

 

2時位置には大きな日付ウィンドウがあり、白い背景の黒い日付表示は白い文字盤と連動しています。時計は時間カウンターを破棄し、3時位置に30分カウンターのみを保持します。 6時位置の太陽と月の位相表示は繊細でロマンチックな気質に満ちています。表示機能は2枚のディスクが重なり合うことで発揮されます。下のディスクは、昼と夜を区別するために使用され、24時間ごとに1回転します。

 

ケースの厚さは15.6 mmに達し、ある程度の厚さがあります。側面から見ると、ケース中央の王冠はブランドのクラシックなロゴで装飾されており、タフなラインはラグの魅力的な弧とは対照的です。

Comment is closed.