石英略史:電気機械腕時計からスマート腕時計まで

1980年代から90年代にかけて、初めての小型電池の開発と、機械の芯に対する大衆の興味が再燃し、電池寿命が2年を超える石英ムーブメントのブランド時計コピー開発をメーカーに促しました。1988年、精工技師がKineetic人動電気エネルギームーブメントを開発しました。その後、スイスETAがAuto-Quartz自動石英ムーブメントを発表しました。新しい技術の掌握によって、セイコーは一連の腕時計に動力を提供します。これらの腕時計は石英の正確さ(月誤差2-4秒)と機械の魅力を完璧に融合させます。

 
ちなみに、F.P.Journe El ganteシリーズも同様の運動センサー付きの電気機械システムを採用しています。2014年に誕生したシリーズで、そのムーブメントパワーは記録的な8~18年(使用状況に応じて)に達することができます。

 
1990年にクオーツ腕時計が一世を風靡し、その年の精工は最初のConneced腕時計、つまりSeiko Receptorを発売しました。この腕時計は当時の電気通信技術を利用して、文字盤にメッセージを表示する機能を持っています。同時に、この日本の会社も時計の精度が1/100秒に達する腕時計を開発しています。1992年、カリブブリエ7 T 59はアナログ表示(ポインタ付き)を採用し、時間計測精度が1/100秒のクオーツ計時ムーブメントとなった。6年後、精工は初の熱電機芯と初のPremier万年暦電子時計を発表しました。1997年に始まったのは20年以上前の画期的な精工Spring Driveの技術がついに成熟しました。この概念は1982年に特許を取得しました。このハイブリッドムーブメントはマシンバネボックスとギア系を回転グリップと結合し、ICと石英結晶を通じて電磁調節を行う(トラック上の電磁減速器や誘導ブレーキのような)。

 
この超精密三段同期変調速度器は、衝撃や突進移動による微小な加速や減速を効果的に調整して、安定した基準値を得ることができます。この転覆性機械表の精度は、石英表とほぼ同じです。自動バージョンは2005年のバーゼルコレクションに登場し、同年の夜にパリオリンピック博物館で正式に発表されました。その時から、セイコーは定期的に新しいクオーツ腕時計を発売しています。2010年にミニブルートゥース技術が登場しました。セイコーはほとんど第一時間でAstron衛星の位置付け太陽電気腕時計に使われました。この腕時計は衛星測位ネットワークに接続されており、外部調整が不要で、装着者がいる時間帯の正確な時間が表示されます。

 
2012年以来、複数の電子機器を接続できるミクロシステムが導入されるにつれて、携帯電話メーカーは腕時計に注意を向け始め、時間だけでなく携帯電話からのデータの読み取りや伝送が可能になった。いくつかのスマート腕時計は独立して、電子システムを通じて操作して、スマートフォンからフィットネストレーサなどに情報を伝える。これらの腕時計は伝統的な石英ムーブメントから動力を提供し、各種のセンサーとブルートゥース設備を組み立てる。また、スマート腕時計は自主的に操作できないものもありますが、実際にはユーザーの携帯電話の腕に伸びるパーツです。

 
2012年初のConnectd腕時計と2014年初のApple Watchが登場して以来、スマート腕時計は数世代を超えています。これに応えて、2015年スイス前衛表ブランドTAG Heuer泰格豪雅がConnecedスマート腕時計を発表しました。同じ年に、ジュネーヴのタブブランドコンスデンはHorologcal Smartwatchスマート腕時計を発売しました。これも初めてスマート機能を備えたアナログ表示クオーツ腕時計です。2018年1月、シチズンに買収された後、カンス登又は、クラシックな自動ムーブメントを搭載したConnectedの腕時計を発売しました。ますます小型化された部品の集積は、タブ業界がより混合の方向に発展することをも示しています。2018年のApple Watchの販売量は2,000万枚に達すると試算されています。アップルは、新鋭のハイテク製品を設計して、純機械腕時計の信頼できる代替品になっていることを証明しました。もちろん、クラシックファンには邪魔にならないので、彼/彼女たちに最適な腕時計パネライコピーを身につけています。

Comment is closed.