ブライスBR 01 Laughing Skullは白いスカルの頭に換わって、まったく違ったスタイルを見せています。

BELL&ROSSベレーはいつも枠を脱ぎ捨てて、常規を覆して、自由な思考で駆け回ることが好きです。2009年にはブライスがBR 01 Skullというコンセプトで驚異的なアイデアを表現しました。また、この腕時計の人気のため、ベレーは2011、2015、2018年に後継モデルを発表しました。2019年になって、BR 01 Laughing Skull Whiteバージョンを発売しました。面盤のスカルヘッドは白と象牙色のワニの皮のベルトを組み合わせて、腕時計のスタイルを変えました。

 
Skull腕時計は大きく前進し続けています。驚きのアイデアが含まれていて、笑いを誘ってくれます。あごの骨の動きに従って、中間のスカル型は口をゆがめて笑うことができます。Skullはすでにブランドのシンボル的なシリーズになりました。今まで発展して10年が経ちました。スカルの形は何世紀の歴史があります。特に海賊はこの標識に愛顧を持っています。彼らはスカルをお守りとしており、勇気を与えて敵を退けることができます。軍もスカルマークを使って、自分たちの弱点を訴え続けています。BR 01 Laughing Skull White腕時計もすべての勇猛な士に敬意を表します。

 
腕時計に搭載されているBR-CAL.266ムーブメントは、ベルレツが完全に自主的に作ったもので、同様にスカルの形をしています。4つの橋板は4つの骨の延長として、主板金がケースにしっかり固定され、一体となって腕時計の中央に浮遊します。面皿の上のスカルの造型は腕時計の肝心な特徴で、それは金属で装飾の技術を塗って製造してしかも白色のコーティングを塗って、浮き彫りの効果を現します。この技術は普通は硬貨あるいはメダルを鋳造することに用います。透かし彫りの処理は、スケルトンの重さが表の殻の中央に浮遊しているような幻を作り出し、思いがけない錦上に花を添えた筆のようである。剣の形の針の形は初期のSkullの時計の針の形と似ていますが、この針は透かし細工で処理され、スーパーLuminova夜光の材料が塗られています。

Comment is closed.