Grard-Paerregaux 1966シリーズ金橋陀飛輪

陀飛輪のフレームには黄金の微調整ねじが取り付けられています。縦輪のチャックと縦フォークの挟み板を捕らえるように、人の手で面取りと研磨がされています。陀飛輪のチャック橋は珍しいバーセ式のサンドイッチ設計を採用しています。支柱はとても滑らかで、職人はまず精確な手法で陀飛輪の二の腕を半円柱形にして、それから研磨輪、研磨輪、石、ダイヤモンドの研磨クリーム、黄楊などの伝統的な道具を使います。磨きをかけて、滑らかに光らせて、金橋陀飛輪の伝奇的価値とブランドの卓越した技術造詣を明らかに示します。腕時計は芝柏表の有名な芝柏表caliber GP 090600機芯を組み立てて、後者の構造造型は19世紀の陀飛輪懐中時計から脱胎します。

 
芝柏時計Grard-Paerregaux 1966シリーズ金橋陀飛輪の芸術美と技術水準は最高の境地に達し、ブランドの優れた伝統と歴史を完璧に発揚し、現代高級時計の最高品の中で重要な地位を占めています。

Comment is closed.