腕時計の移り変わりの道

腕時計の発展は歴史の発展の過程に伴って、火の時計から日時の時間計まで鋼鉄、銅に発展して、更に今日の新型の材料と複合材料に延びます。腕時計の性能といい、腕時計の材質といい、長い移り変わりを経験しました。祖先は彼らの知恵で時計を発明しましたが、今は時計の形が多様な形をして発展しています。

 
腕時計の移り変わりの中で、時計の材質の発展は18世紀で断点となりました。初めての工業革命のおかげです。18世紀60年代以降、人類は蒸気の時代に入り始め、この時間は19世紀半ばまで続いています。手作業から機械作業へ移行し、腕時計の大量生産が可能になりました。19世紀半ばに出現した転炉製鋼技術と平炉製鋼技術は、鉄鋼が生産の各分野に広く活用され、人類は電気時代に入り始めた。この時の機械表の技術は急速に発展しています。腕時計の製作技術も腕時計の材質(鋼質、銅質の材質が懐中時計と腕時計に広く使われています)も大きな進歩を遂げました。20時間の中葉に入って、人類は第三回の工業革命を始めました。発展に伴って原子力学科、徽電子技術、電子計算機応用などがあります。このような時期にもプラチナ、チタン、金などの貴金属は腕時計に多く使われ、人々は腕時計の外形、包装に対してさらなる要求があります。もちろん腕時計の製造技術や腕時計の性能なども飛躍し、1905年にロレックスが腕時計の自動と防水機能を利用して急速に市場を占拠し、世界のブランドとなった。

 
この段階になって、実は腕時計の変遷の道もまだ始まったばかりです。20世界の石英革命は世界にとって致命的な打撃と言えます。日本と米国は腕時計業界で急速に台頭しているが、機械時計に代表されるスイスの時計業界は深刻な打撃を受けている。これで腕時計はハイテクをはじめとするクオーツ時計と、工芸品で有名な機械時計に分化しました。今はスマートシステムを搭載できるスマート腕時計がありますが、腕時計はどうなっているかは分かりませんが、腕時計の移り変わりの中で得をしているのはよくこの時代の証人です。

Comment is closed.