『新表』マスター・グラント・トレーディングGyrotourbillown 3 Meteorte隕石文字盤ボール型ドラフト

Jaeger-LeCoultreは複雑な機能の新作を発売したばかりです。「Master Grand e Tradition Gyrotourbillowon 3 Meteorte」腕時計は複雑な文字盤レイアウトとムーブメントの上に様々な装飾工芸を融合しています。特にボール型のドラフト、隕石のスライスと砂の金石の共同で現れ、魅力的な宇宙テーマを作り出しています。

 
オープンダイヤルは4つの部分からなります。まず1点の偏心時皿で、時の目盛りはきらきら光る青い砂金石、中央部分は灰色の隕石で、主な成分は八面体構造の鉄ニッケル合金で、表面は独特のワイドマン模様を呈しています。ムーブメント基板にも多くの隕石が使われており、不規則な形状はさらにモザイクの難易度を高めています。

 
クロノグラフは9時、中央に砂金を使い、外側の目盛は白い大明火エナメルです。この腕時計は、伝統的ではない「瞬跳数字」のクロノグラフ機構を搭載しています。バラゴールドの針は、計時の秒を表していますが、分計は右側の2桁の数字ウィンドウに表示されています。

 
時計盤3時は24時間昼と夜のインジケータで、時計盤と視覚的なバランスがとれています。放射状の手作業の珠玉の透かし彫りを施し、乳白色の半分はバラの太陽で、昼を表し、青の半分は月と星で夜を表します。

 
最後はJaeger-LeCoultreの第三世代のボール型の陀飛輪で、二層のフレームは異なった速度で反対方向に回転して、中央の青いボール型の遊線は絶えず脈打って、全体はムーブメントの構造の中央で懸濁するようです。

 
43.5 mmのバラゴールドのケースにはカリブブリエ176の手動上輪ムーブメントを搭載し、部品数は592個に達し、45時間の動力貯蔵を提供しています。
ブルーワニの皮のバンドを合わせて、8枚限定で、55万ドルです。

Comment is closed.