腕時計:今の腕の主役

人類の文明は数千年の発展を経ましたが、人間の本性は変わっていません。今日では、腕飾りの「道具機能」、「社会機能」、「宗教機能」、「装飾機能」の四つの機能は、ただ形式的な変化が発生しただけで、質的な変化はなく、一定の生命力を持っています。これまでと違って、宝筋が1810から顧客のために最初の「腕時計」を作ったと考えられてから、「ブレスレット」と「腕輪」の間で腕の陣地を奪い合い始めました。今日は腕時計が重要な部分になりました。

 
腕の装飾に対応する四大機能は、現在の腕時計の「道具機能」とは時計を時間を見る道具とすることであり、この基礎的な「道具機能」は人間の活動空間の広がりに伴って、陸上から深海と宇宙にまで広がりました。今は腕時計の角度から言えば比較的弱いですが、腕時計の宗教機能もあります。例えば、仏教のテーマの種類やムスリムの太陽時の時計などがあります。

Comment is closed.