瑞宝表二時報の妙味空

ミュンヘンの表職人、CHRONOSISSの霊魂人物、Gerd-Ruderger Lang朗格さんは表の前塵の昔の事に感動して、表の歴史に面白い新しい章を加えることを決定しました。彼が作ったRepetition a Quarts 2のタイムテーブルは、「機械的魅力」(Faszination der Mechanic)という伝統的なタイムアウトの枠を跳び出して、21世紀の初めには質問表に属する音の舞台があることを証明しました。10時の位置にある時報ボタンを軽く押すだけで、正確で独特な悠揚時報の音が15分ごとに鳴り響いてきます。この二つの時報表は世界で唯一の自動的にチェーンタイム、新聞の刻んだ二問表です。

 
Repetition a Quarts二の時報表の誕生は、多くの有名な機械専門家の緊密な協力によるものです。CHRONOSISS瑞宝表工場で開発されたC.266自動上鎖芯を採用するほか、ジュラシック谷(Vallee de Joux)に結合して複雑な部品で有名なメーカーDubois Deprazを作って、Repetition a Quarts二問時報表のためにE 94コンポーネント装置(all or nothing safety)を開発しました。二つの小槌はもう音色が調合されたどらの上に打てば、(刺され)、(刺された)時報の妙味を刻む。Repetition a Quarts二問時表独特の澄んだ美しい音韻は筆舌ではなく、耳に触れて初めてその優れたところを発見し、独特の形をした、CHRONOSISS U宝時計専用の「Bregueet Conique Squelette」の針を配して、古雅な趣を表現し、ドイツのミュンヘンから来たクラシックコレクションです。

Comment is closed.