螺旋時計は特別なアイデアで時間の転がりを楽しみます。

このユニークなアイデアの螺旋時計を通して、時間の流れの楽しさを十分に感じることができます。これは非常に巧妙なデザインで、私たちが見たような時計ではありません。各時計は樹脂製とアルミ製で作られています。画像には第一世代の螺旋時計が表示されています。最新バージョンは2012年の初めのものです。新しいバージョンがある理由は、古いバージョンの時計の読み取り時間が非常に困難であることにある。この問題を修正しました。数字の間隔を変えることによって、元の時計の割合よりも読みやすくなり、歩く時の音も静かになります。

 
時計のデザインはアスピノルとニール・ランベスによって作られました。時計のサイズは幅35ミリ、厚さ9ミリで、十分な大きさで読む時間が難しくなりません。文字盤での時間の指示は、完全に赤いボールの回転によって行われます。ボールが螺旋を始めて、表皿の外側の部分にあります。そして、らせんがゆっくりと回転して、12時間の間進行しています。だんだん動くボールは中心に近づいてきます。(写真1の時間は7時40分で、数字と数字の間では1時間、数字の間の縦線は15分を表します。)時間が12時間を超えると、ボールは中心の穴を通って外周の12時の位置に戻りますが、時間計算の過程は再び始まります。

 
不思議に聞こえるかどうかは、時間を転がす方法を工夫して、より直感的に見せることで、時間を楽しむことができます。時計の価格は782ドルです。興味があれば、調べてみてください。

Comment is closed.