無地エナメル腕時計

その名の通り、全体のエナメルは一つの色です。このようなエナメル表を作るのも、思ったほど簡単ではないです。純色は自然に純字が大切です。傷や雑色は無地エナメルの強敵です。

 
無地のエナメルは普通3種類があります。純黒、純白、透明カラーです。この中で、純黒と純白はいずれも難度の高い色です。このような極致の色を追求するには、釉薬を塗り重ねて焼き直す必要があります。このように色が出てくると、高純度に達することができます。透明色のエナメルは、焼き上がりの後に模様を彫ることができ、無地のエナメルも重苦しくならない。

 
その善し悪しを判定する基準は、接眼鏡を手にして詳しく調べ、気泡の有無、傷の有無、砂眼の有無です。とにかく、あるべきではないものは全部ありません。肉眼で分かるのは色の飽和度です。

 
透明なカラーエナメルは、白と白のエナメルのようにキズをチェックするほか、エナメルの下にある金属底胎の彫刻模様にも注意しなければならない。透明度の観感は、有色宝石の透明度に基づいて、自然に透亮するのが良いです。

 
特に説明したいのは、いくつかの無地のエナメルが真珠母貝やパースの光沢を燃やしています。このようなエナメルの評価基準は自然の実物に近い色でいいです。

Comment is closed.