自然で上品なグランドセレクトは、新たなエレガンスシリーズの女性腕時計を2つ発売しました。

Grand Seiko(クラウンブルーライオン)女史マシンシリーズがどんどん広がっています。新しいカリバー9 S 27のムーブメントのブライトリングコピー輪郭は細く、性能は強く、新しいデザインを創造するための可能性を提供します。

 
同シリーズの2つの新しい腕時計は、どちらもGrand Seikoらしい。1967年に誕生した62 GSの腕時計は、無表輪構造、鋭角の針と高度な光沢のある表面を採用しています。新しい腕時計のデザインは伝統に従い、このGrand Seikoの創始的な作品の独特な外観と清新でしなやかで美しい女性らしい雰囲気を合わせています。

 
二つの新しい腕時計はすべてEleganceシリーズに属しています。10月からすべてのGrand Seiko逸品店、特選精鋭品店、及び全世界の他の小売パートナーで発売されます。

 
精巧な新型のケースの線は細くてなめらかで、表面はつるつるしていて、腕時計に弧状、有機的な質感を呈させて、まるで自然の中から彫刻しだします。無輪のケースとアーチ型のサファイアの水晶の鏡の面は柔軟な弧度を創造して、完璧に腕にぴったり合います。

 
側面から見て,ケースの改善が最も顕著である。ダイヤモンドは完璧にそろっています。手作業の超鏡面仕上げ、完璧な表面にはめ込みます。殻の縁は柔らかな感触ですが、見る感じが鋭く、光が溢れ、両側に輝くダイヤモンドと輝き合います。

 
エレガントな文字盤デザイン(STGK 011)
文字盤のデザインは日本の工芸を展示しています。ディスクは雪の模様を飾って、12時の位置は2つの対頂のダイヤモンドを象眼して、葉の形の時の標識とテーパーの時の針はすべて研磨の処理を経て、美しくしかも読みやすいことを確保して、温かみと独特な日本式の風情を現します。

 
これは1種の精緻な美感の配色で、すべての服と場所に適します。文字盤に細かいテクスチャを施し、微妙な輝きと上品な女性らしさを演出します。

 
真珠母貝のパネライコピー文字盤は濃い紫色をしていますが、この色は日本の昔からずっと地位の象徴です。独特のテクスチャと深みのある色は、文字盤を変化させます。見るたびに、新しい体験ができます。

 
Grand Seiko Caliber 9 S 27自動上弦ムーブメントは、高性能と細い輪郭の微妙なバランスを実現しています。これは本当のメーカーならではの成果です。コアの直径と厚さはそれぞれ19.4ミリメートルと4.49ミリメートルしかないが、誤差は+8秒/天至-3秒/日間に保たれ、50時間の動力保存が可能である。

Comment is closed.