Twin Beatダブルコア率万年暦、Overseas Tourbillown陀飛輪腕時計

Vacher on Contstantinが今年のSIHHで最大のハイライトは、Twin Beatダブルコア率万年暦腕時計であり、新たに開発されたカリブブリエ3610 QPムーブメントを搭載し、ダブルスイングの複雑なメカニズムによって腕時計に「待機」モードを提供し、アイドル時の消費エネルギーを最小にする。Overseasシリーズについては初の陀飛輪が発売され、超薄型の万年暦腕時計が新たなバラゴールドのケース版を獲得しました。

 
Traditionnelle Twin Beat Perpetual Calender
「待機」モードを備えた腕時計で、ムーブメントのダブルサイクリングは異なる周波数で独立して動きます。腕時計を身につける時、それは高い周波数で働いて、腕時計が静かに置く時、手動で低周波に切り替えることができて、このような待機モードの下で、ムーブメントのエネルギーは大幅に下げて、甚だしきに至っては2ヶ月以上の運転を維持することができます。

 
この機能を実現するコアは、ブランドの自社生産のカリブブリエ3610 QPが手動でチェーンコアを作り、直径32 mm、厚さ6 mmで、480個のコンポーネントからなる。サファイアの背を通して、そのTwin Beatのダブルサイクリングが見られます。日常的に着用すると、より小さいのは36000 vphの速度で作動し、動力は4日間準備されます。

 
腕時計を外し、ケース8時のボタンを押すと、バネの箱に接続されているもう一つのサイクリングがすぐに作動し始めます。その周波数は8640 vphだけで、消費エネルギーは極めて少なく、このモードの動力は65日間まで準備されています。

 
この腕時計は42 mmのプラチナのケースを持ち、ブラストの文字盤の上半分には放射性玉石の透かし模様が彫られています。下半分には開放的なデザインがあり、サファイアの副文字盤と共に強い層感を演出しています。文字盤9時のポインタは現在のモードを表示し、モード切り替え時には12時のダイナミックインジケータも自動的に調整され、数字の色もモード表示と一致します。

 
灰色のクロコダイルの皮のバンドに合わせて、官価は21.9万ユーロです。

Comment is closed.