徹底的にブラックブラックブラックブラックブラックBay Chrono

4年に一度のワールドカップラグビー試合(Ruby World Cup)は今年で9回目になります。9月20日から11月2日まで日本で開催されます。スイスのタブメーカーの帝舵Tudorは大会の指定時計を担当します。
この表は帝舵と「黒シャツ軍」の協力関係を記念します。図はニュージーランドラグビー選手のビオドン・バレットがBlack Bay Chrono Dark腕時計を身につけています。(Tudor提供)
帝舵は試合を祝うために、また「黒シャツ軍」ニュージーランド国家オリーブチーム(All Blacks)との提携関係によって、スタイルが目立つBlack Bay Chrono(碧湾クロノ)の全黒モデルを発表しました。台湾元の価格は189,000元です。

 
ブランドによると、この腕時計は限定版で、「数は黒シャツ軍発足以来の選手数と一致している。今後は新選手が入選するごとに腕時計の数が増えます。」
帝舵はこのBlack Bay Chrono Darkでラグビーワールドカップの試合を祝って、自分のブランドの大使、「黒シャツ軍」との間の長期的なパートナーシップを記念します。全ブラックの配色はAll Blacksのユニフォームの色にぴったりです。また、腕時計は帝舵計時機芯を搭載しており、導柱輪と垂直計時離合輪装置を内蔵しており、性能は強い。発行部数は1884年に設立されたニュージーランド国家オリーブチームと一致します。今年のラグビーW杯までに、腕時計1,181本が発行される予定で、1,181人の選手に対応します。発行部数はワールドカップのラインナップに合わせて調整を続けており、新たなプレーヤーが加入するにつれて、数も増えていく。

Comment is closed.