腕時計について、いい基準は何ですか?

自分の好みに合う
買い物をする人がいますが、ブライトリングコピー服はもちろん、大流れに乗ると大きな間違いはありませんが、腕時計は違っています。腕時計は時計の道具です。日常の時間を見ると、それが見えます。丈夫な腕時計は長く付き合ってくれるものもあります。もしあなたの好みに合わないなら、お金を使って自分を苦しめているのではないですか?もちろん、ここで言う好きなのは絵を見たり一目惚れしたりすることだけではなく、自分の目で見て、自分で身につけて、自分で体験してから考えることです。きれいに見える時計があるからです。でも、あなたが着ると綺麗ではないです。つまり、あなたに合わないです。ある時計は普通に見えるが、上手になったらとりたくないです。普通の意味では、いい時計はどれも価値があります。だから、時計を買う前に、自分の後悔を防ぐために、やはりスポーツカーと同じです。買って帰ってもいいです。中古です。
自分に似合うのが一番いいです。
自分に似合う言葉が一番いいです。「自分を愛する人と結婚するべきか、それとも愛する人と結婚するべきか」という女の千古の変わらない疑問のように、経験豊富な「老人」が自分に似合うと言っています。腕時計も同じです。自分に合うものを買いたいです。大きな文字盤が流行っていると言われないで、50ミリの腕時計を買いました。
インターネットの社会は情報を得るのが更に容易で、広告効果、有名人の効果などはいずれもあなたの選択に影響を及ぼすかもしれなくて、これは正常で、しかしも自分の判断があって、何が最も自分に適しますか?私の提案はいつもスーツを着ているなら、ビジネスのフォーマルな腕時計を選ぶことを勧めます。普段の服装が快適さを主とするなら、クラシックな運動表はいい選択です。もちろん、いくつかの運動表も正装に合わせられます。正装の表とカジュアルの組み合わせも大丈夫です。たくさん試してみて、自分の答えを見つけられます。
一番高いのは必ずしも一番いいとは限らないです。
一番高いのは一番いいとは限らないということは分かりますが、私たちも「一点の値段で一点の商品」を信じています。実は腕時計の方面で、主にやはりあなたの時計の目的を見て、あなたの好み。ある人はブランドを重視しています。ロレックスはいい時計だと思います。身分の象徴です。ある人は実用をあがめ尊んでいます。西鉄城の光運動は正確で便利だと思います。いい時計とも言えます。ある人はムーブメントを重視して、必ず自産しなければならないのがやっとできて、ある人は価格性能比に関心を持って、総合的に評価するのは肝心な点です。
腕時計自体は価格だけで良否を論ずることができません。ロレックスやオメガのような腕時計は、時計の技術と機械的な時間計測の恒久性において、数百万円の宝石時計に全く負けません。腕時計の価格はブランド、材質、機能、欠乏などの方面の要素に関連しています。もちろん、もしあなたが土豪なら、時計を買う時に、「店で一番高いのを出してください」と言っても、羨望の眼差しを集めたり、二品の目を見たりすることができます。
知名度は唯一の要因ではない。
多くの時計を知らない人の観念の中で、価格で腕時計の善し悪しを議論しやすい以外に、ブランド論だけになりやすいです。しかし、よく研究していないので、彼らが知っているのは、超知名度の高い腕時計ブランドです。しかし、知名度がそんなに高くなくて、大衆のブランドが足りないというわけではありません。
一般的にブランドの腕時計は品質が保証されていますが、絶対がないと、どの腕時計も品質が優れているとは保証できません。最も重要なのは、大物がすべてあなたの個性的な需要を満たすとは限らないことです。現代人は思想が開放的で、一般の人と違って、「腐った大通り」のブランドを完全に捨てられます。実際には大きなブランドでもあり、大きなブランドの腕時計でもあります。どのタイプのブランドを選ぶかは、あなたの感情的な需要によって、見せびらかすか、それとも違っているか、またちょうど好きです。

 
いい時計はスイス製と同じではない。
私は身近にある現象を発見しました。普通の消費者はよくスイスの時計がいい時計だと思っています。まともな腕時計を選ぶつもりです。彼らの優先順位はスイスの時計です。スイスは確かに時計の王国ですが、ドイツにも古い時計の伝統があります。日本も石英嵐で自分を証明しました。良いIWCスーパーコピーはスイス製と同じではありません。ドイツのラングやゲーラのソーティのオリジナルや日本のGSなど、これらのブランドはスイスブランドに負けません。
ラングとゲーラ・スーティのオリジナルはドイツ色が濃厚で、技術面ではスイスのバダ・フェリスなどトップクラスのブランドと肩を並べることができます。スイスの制造は确かに品质の象徴です。でも、表を買う前に、スイス以外の表を见たら、分からないうちに「いい表ではない」という结论を出さないでください。

Comment is closed.