腕時計の磁気防御規格は何ですか?

国家基準では、磁気防止の性能基準は「残存効果」で表されていますが、残存効果とは、検査前の腕時計の瞬時日差と検査後の腕時計ロレックスコピーの瞬時日差の差のことです。磁気防御腕時計の標準は、偶然にも強度4800 A/mの磁場中にある場合、クオーツの残りの効果は1.5秒を超えず、機械男子時計(ムーブメント面積が314平方メートルより大きい)の残りの効果は30秒を超えず、機械女子時計の残りの効果は45秒を超えない。

 
磁気防御といえば万国、特にそのパイロットシリーズ。シャフハウゼンIWC万国前世纪の30年代には、パイロットが身につけていた时計が便利で、より重要なのは强磁界の环境に适応するためであり、この时の万国のパイロットシリーズはすべてこの点をよくやり遂げました。パイロットが針を追うように、「王子さま」の特別版腕時計IW 371807は、万国のパイロット腕時計を持つ軟鉄内殻が提供する強力な磁気保護を備えています。

 
これから紹介するのは、火のないロレックスです。まず、有名な「緑のガラス」です。この腕時計はデザインだけでなく、ファンの皆様にも人気があります。磁気防止にも優れています。ミルガウスは1956年に誕生しました。科学界研創のために、1,000ガウスの磁気量密度に抵抗できます。ヨーロッパ粒子物理研究センター(CERN)の厳密なテストを経て、腕時計は完璧な反磁性機能を備えていることを確認した。今日のMilgaussはParach rom(青いニオブ)のフィラメントを配備し、さらに磁気力がムーブメントに与える影響を効果的に抵抗し、ブランドコピー時計の信頼性を強化します。

 
ロレックスと比較されてきたオメガは、磁気防止腕時計の研究に力を入れており、2014年のバーゼル腕時計展では海馬300腕時計を発売しています。今、「万磁気王」に対抗できるのはX教授ではなく、「防磁気王」の腕時計です。

Comment is closed.