腕時計の針の対決

真実の世界、勇敢です。穏やかで、信頼性があり、独特で、どんな優れた語彙も注釈になります。パネライコピーどの品質も重要視されています。良質の2つの腕時計がこれに向けて対決しますが、ロレックスと沛納海のどちらがいいですか?

 
これは、歴史的なデザインを踏襲したサンドイッチの夜の光の文字盤、魚雷の小さい秒針が青色の名刺で、三つの万能な沛納海腕時計がこれに対して「時」の力を使って話しています。沛納海LUMMINOR MARINA精鋼の腕時計9時位置に設置された小さい秒針は、多くの沛納海腕時計の鮮明な特徴の一つであり、特にLuminor Maina腕時計にあります。また、精鋼の腕時計でもあるLUMMINOR MARINAシリーズは、沛納海の運動血統を受け継ぎ、シンプルで洗練された穏やかさを併せ持つ。

 
例えば、沛納海LUMMINOR MARINA精鋼の腕時計PAM 01359を例にとって、この腕時計のムーブメントは沛納海諾沙泰爾の時計工場が自主的に開発したP.1000手動チェーン機械式ムーブメントを採用しています。12法分、厚さ3.85ミリ、21石、Glucydurのバランスホイールは、1時間に28,800回振動します。KIF Parechoc防振装置を備え、二本のバネケースを備え、3日間の動力貯蔵。ムーブメントは優れた技術量と丹念に設計した比率で、腕時計全体をより細く、より軽やかにします。

 
これに対して、ロレックスの潜水者シリーズはカキ式の精密鋼のバンドを採用しています。バンドはバックルが意外に開くのを防ぐオイスター式の保険ボタンを備えています。またRolex Glidelock延展システムを備えています。着用者がいかなる道具を使っても簡単にバンドを調整できます。そして潜水服を着た時に腕時計を快適に装着できます。

 
今回は精鋼の腕時計である沛納海とロレックスのどちらの良い針鋒対決について、それぞれの長所があると言えます。長年以来、沛納海は海からのデザインセンスによって、イタリアのデザインスタイルとスイスの専門技術は、どの時計も鮮明なブランドスタイルと優れた品質を持っています。ロレックスは世界の時計の一つとして、人気のスイスの腕時計ブランドです。精鋼腕時計の針鋒対決の結末はここまでですか?まだ分かりません。自分の奥秘を開いて、自分だけの切り札腕時計を作ることを期待しています。

Comment is closed.