妻のさいたまさんが腕時計をデザインし、愛のメッセージを発信しています。

さいたまは昨年、メルヘンの森をテーマにした「ウィーンの春」の腕時計を腕時計ブランドとコラボし、今年もさらにパワーアップし、動物をテーマにしたLOVE LOVEシリーズの腕時計2つを発表し、「愛」をアピールすることが28日、分かった。

 
腕時計の再設計について、さいたまさんは前回のデザインを上回るというストレスを感じています。LOVE LOVEシリーズのドラキュラ腕時計を考案する時、彼女は去年の大自然のスタイルに続いて、自分の好きなパンダとリスと愛情鳥を腕時計の主役として選んだ。彼女は更にわざわざ二つの腕時計のデザインに「愛」の模様を入れて、「愛」を広めたいです。家族や友達、恋人にも愛が必要だという。こんなに可愛い腕時計は、恋人にも家族にも、プロポーズにも使える!」

 
前に彼女は時間を割いて関連している宣伝写真を撮影して、更に多くの造型で陣取って、赤色のDeep Vスカートを含んで、大きいショーの美しい体つき、そしてぱっつんと前髪を配合して、突然ファッションの気色を現れます。もう一つのAll Backは銀色のビーズジャケットと赤いスーツをそれぞれ合わせて形を整えています。モデルとしても高い彼女は、違ったスタイルを見せることに慣れていて、撮影は順調でした。
腕時計ブランドの創始者である沈慧林(William)は誠心誠意にお見舞いに来ました。彼は今回の腕時計の製作の難しさが高く、動物の形を生き生きとしているだけでなく、ブランドは初めて「椿」の形のケース作りに挑戦しています。そのため、ブランドは明日上海で腕時計の発表会を開きます。埼玉の夫の任達華さんも出席して、埼玉の大切な時を一緒に見ています。

Comment is closed.