スイス時計を探す旅

スイスのジュネーヴから北へ車で約一時間、時計の谷と呼ばれる汝拉の谷に来ました。延々と続くジュラシック山脈、緑豊かな古い林、キラキラした三面湖、点在する村鎮の農園、ここは思わず足を緩めてしまいます。このラ山脈の下の静かな町を見物して、青い空に映える浄土を楽しんでいます。優雅なブルースの風情に従って、長い間ずっとスイスの時計業界の揺りかごです。時計界で雷のように殿堂入りの腕時計のブランド、例えば:愛の彼、宝のパース、百達のフィレ、江詩の丹トン、積家。ここに位置しています。ここは表魔法がかけられているところです。ここでは、時間は心に通ずることができます。時間は、マスターの手によって、腕に聞こえます。

 
私達は幸運にも宝梵哲の時計工場を訪問する機会を与えられました。ドアを開けた瞬間、ここの時間は宝梵哲に属しています。スイスの時計の歴史の流れの中で、もう一つの腕時計が誕生しました。まるで映画のように私達をその中に身を置いて、93年前に戻りました。宝梵哲はスイスの山谷にあります。創立する。その静かな谷のように、時計職人たちは、長い時間をかけて豊かさと淡泊さを磨いて、世界を縮める冒険を始めました。数十種類のスイスの表工芸、数十種類のオリジナルのムーブメント、百通り以上の制作プロセスは歯車によって駆動される腕時計の世界を描写して、腕の間の温度を通じてそれに機械的な活力を与えます。

 
職人の意匠は93年にわたって受け継がれてきた。方寸の戦场は、时の流れの中での坚持だけで大きく辉いています。宝梵哲はスイスの表工芸の伝承を持っているだけではなく、味わい深いブランドの歴史を持っています。宝梵哲の優れた制作技術は大家から学徒まで代々受け継がれています。独立の表職人であるマクシム?オズボーンは家族産業式の表作業場を創立して、一生ヨーロッパの各王族貴族の保護、収蔵、修理をしています。時計は完璧な技術で皇室の信頼を高めています。1926年に宝梵哲ブランドの創始者であるマクシムの時代になりました。ブランドのモジュール化、管理の商業化、生産の機械化、古びた表の伝統を一挙に打ち破り、簡約と耐久性を兼ね備えた時間計測ツールの創造に力を尽くしています。スイスの時計技術の美しさをより際立たせることができます。すべての宝梵哲腕時計を守り、最初の設計図から最後の組立工程までを宝梵哲の工場で完成します。各ステップは完璧にスイスの表を作る職人の専門精神を表しています。宝梵哲の高い価格性能比もこの伝統に由来しています。

 
作品を通して感情を伝達して、すべてのムーブメントは技師の熱心な凝視のもとで誕生します。すべてのスケッチはデザイナーの物語を述べています。一つの腕時計は全部温度を持つ芸術品です。インスピレーションの発想からシリーズの世界に至るまで、宝梵哲の創作過程は独特で、成績も優れています。機械の芯の製造と腕時計の独特な設計に集中することによって、スイスの完璧な表工芸をその中に溶け込ませ、時とともに進む研究開発技術を加えて、ブランドのデザインに一回また一回の驚喜を持ってきます。天馬行空の設計アイデアは多くのスイスの腕時計の中で際立ち、抜群の優雅さと簡潔で率直な現代の雰囲気を完璧に結合し、スイスの表業界の優れた品質精神を継承しているだけでなく、ブランドの最初の機能性と実用性の完璧な統一を実現しました。

 

http://www.hotwatchesintroduction.xyz/

Comment is closed.