RADOスイスレーダー時計Traditionシリーズがヴィンテージブームの黄金時代を牽引しています。

1957年、RADOスイスのレーダー時計は初めてブランド名で名付けられた腕時計シリーズを発売しました。その中に注目されている金馬シリーズの腕時計が含まれています。新たなTradition伝承シリーズの新たなメンバーとして、RADOスイスレーダー表は、パイオニア精神を持つ初のシリーズを新たに解釈し、独自のブランド特色を付与しています。

 
年代までは、腕時計は家族の伝承として受け継がれてきた。RADOスイスレーダー時計は、金やプラチナなどの貴金属製腕時計を伝統とする前世纪50年代において、大胆な突破だった。この創挙はRADOスイスのレーダー時計を競争者の中から際立たせて、この腕時計も一世を風靡した風格の単品になります。

 
新たなRADOスイスレーダー時計Traditionシリーズの金馬自動機械数量限定リストは原版の設計理念に忠実であることを意味し、今回の解釈は不要な装飾を捨て、機能性と実用性に焦点を当てている。この腕時計の37ミリの精鋼のケースは、深い赤色と黒い色が入り交じるアーチ状の文字盤を背負っています。文字盤に現れたグラデーションは、2つの金色の海馬マークに独特の視覚体験をもたらしました。文字盤の「Golden Horse」という文字は1957年に発売されたモデル腕時計と同じ書体デザインをしています。

 
この腕時計の3時位置の日付ウィンドウは白い背景で赤い数字を組み合わせています。独特で明瞭で読みやすいです。代表的なスイングアンカーのマークはRADOスイスレーダー時計の自動腕時計のマークとなりました。このデザインは同じように原版の理念に忠実です。

 
この腕時計のプリントの小牛革のベルトはワニの横翼のような紋様を持っています。このデザインは1957年にとても流行っていましたが、今はあまり見られません。プロトタイプの腕時計の底カバーとよく似ていて、よく観察しても分かりにくいです。三つの海馬と三つの星のマークは傲然として腕時計の底の蓋と殻の間を回転しながら連結する絶妙なデザインを特徴づけています。

Comment is closed.