緑のポップマンボ1858シリーズのカーキグリーン腕時計

ここ数年、ブランド、時計仲間、メディアを問わず、緑色の腕時計に大きな関心を持っています。毎年相当数の緑色の腕時計が発売されています。一番基本的な緑色の文字盤(これも一番人気があります)以外に、緑色の時計の輪、緑色の時の標識や針、緑色のベルトなどがあります。

 
緑は浅緑、深緑、松石緑、蛍光緑、オリーブグリーンなどのさまざまな色の緑色があります。2019年といえば、SIHHにおいて、万宝龍は3つのカーキの緑の文字盤の1858シリーズの腕時計を発表しました。ヘンリーが慕う時、勇創者の陀飛輪概念腕時計の宇宙緑の限定版を発表しました。万国は新しい噴火戦闘機パイロットシリーズの計4種類の腕時計を発売しました。全部青銅のケースとオリーブの緑の文字盤を組み合わせました。伯爵ポロS、沛納海961など。

 
バーゼル期に発売されたセイコーSRPD 37 Jはグリーンディスクで、タイガー豪雅の新シリーズのAutaviaはグリーンディスクと、ベレー士BR 03-92 DIVER青銅版潜水腕時計、真力時パイロットシリーズType 20 Adventure腕時計、百達翡翠Aquanutシリーズ5168 G-010白金腕時計などがあります。「緑に会うと火が必ず来る」というロレックスは27万円の価値がある36枚の緑の円盤にゴールドの腕時計を発売しました。

Comment is closed.