柔らかなダイヤのリボン!全ての腕時計は芸術品です。

新しいDazling Rendez-Vous Moonのデートシリーズの月相ジュエリーリストを発売しました。ブランドの親友、アマンダセヴァーレが着用しているのは前身です。

 
バンドをつけて、まるでリボンのようなダイヤモンドの腕時計です。女性にとって、腕時計と宝石のアクセサリーは正式に同じです。腕時計ブランドの積家(Jaeger-LeCoultre)の新しいデートシリーズの月相ジュエリーリストは、すべての角度から芸術を鑑賞します。

 
先日、積家ブランドの親友であるアマダセヴァーレ(Amanda Seyfrid)が、積年家のDazling Rendez-Vousデートシリーズを着用して、日夜ジュエリー腕時計の撮影イメージ写真を表示し、精霊系の美しさに圧倒されました。このDazling Rendez-Vousのデートシリーズは、ジュエリーウオッチが今年初めにジュネーヴ国際高級時計展で発表されたもので、時計の輪にはめ込まれたドリルや、日夜に表示された真珠母貝の文字盤が、ブランドのロマンチックな印となっています。

 
上記のモデルの発表後、積まれた家はまた新しいDazling Rendez-Vous Moonデートシリーズの月相ジュエリーリストを全面的にダイヤモンドの金を入れました。バンドにはリボンのようなダイヤモンドの象眼技術が更に特色です。視覚と触覚の霊感を維持するために、手につけるのはダイヤモンドのリボンのようです。入植者のモザイクをよく見て、爪を利用してダイヤモンドを高く持ち上げて、できるだけ金属を隠して、もっと多いのは光の透過で、続いてダイヤモンドのきらめくことを更に際立たせます。

 
時計の輪、時計の耳と時計の冠はダイヤモンドのきらめくことを継続して、真珠の雌貝の文字盤の上で、月相の表示の高い複雑な機能は特に1枚の絵のようで、窓を表示して六時の位置に位置して、真珠の雌貝のつくる明月で砂の金石の出現の星空の中で懸濁して、別の1枚は真珠の雌貝の彫刻からなる雲は後でもし隠れるならばここから月の曇晴円が現れてくるのが、月相腕時計の最高の魅力です。

Comment is closed.