華米科技が発表した新しいシリーズの腕時計Amazfit GTRは24日間の航続時間があります。

7月18日電は7月16日、「Time for the Grand Tour Racing」をテーマにしたAmazfitの新作シリーズの発表会を北京で開催し、華米科技(NYSE:HMI)が新作の腕時計Amazfit GTRを正式に発表した。

 
紹介によると、Amazfit GTRは伝統的な腕時計の美学と現代のスマートエレメントを完璧に結合し、外観は古典的な腕時計の設計に回帰し、24日間の超長期航続を持っています。12種類の専門スポーツモデル、上百種類のテーマの文字盤、全日心率のモニタリング、全機能NFC、オフライン支払いなど多くのスマート機能を内蔵しています。47 mmと42 mmを含みます。二つのサイズ。その中に、Amazfit GTR 47 mmはアルミニウム合金、ステンレス、チタン金属、アイアンマンシリーズの限定版の四つのバージョンがあります。Amazfit GTR 42 mmは星空の黒、桜の粉、月光の白、サンゴの赤と60個のオーストリアの方形ジルコニアのきらきら輝く特別版の5種類があります。

 
Amazfit GTR 47 mmアルミ合金版、ステンレス版は999元で、チタン金属版は1399元で、7月16日16時に華米科技Amazfit商城、京東、天猫、有品などのプラットフォームで正式に発売されます。Amazfit GTR 47 mmアイアンマンシリーズの限定版の発売価格は1399元です。Amazfit GTR 42 mmの販売価格は799元で、7月16日16時から同時販売が開始されます。Amazfit GTR 42 mmきらきら輝く特別版は999元で、8月30日に発売されます。

 
発表会では、華米科技は初めてAmazfitブランドの各製品ラインの総出荷量を発表しました。7月12日現在、米動腕時計青春シリーズを含む基本知能腕時計のラインは300万台を超え、スマートスポーツ腕時計のラインとスマート腕時計のラインは150万台を超えて出荷されています。IDCレポートによると、Amazfitブランドは中国の成人腕時計市場でアップルを上回り、第二位となり、世界ランキングで5位のスマート腕時計ブランドとなっている。

Comment is closed.