ルイヴィトン、Escale Spin Time腕時計Only Watch 2019特別版を発売しました。

ルイヴィトンは連続6回目のOnly Watchに参加しました。これは「モナコ筋肉萎縮症予防協会」の杜氏筋栄養不良研究のために募金した特別な時計の競売会です。このブランドは大胆で独特な時計を作り出しました。

 
ルイ・ヴィトンは2019年にOnly Watchで、優れたアイデアと専門知識を備えた腕時計を発表しました。この腕時計はタトゥーアートをモチーフにした文字盤を備えています。文字盤は大明火(内埋)エナメル工芸を採用し、手作りで描き、高級な時計業界で最も優秀な独立エナメル師Anita Porchtの創意作品です。文字盤の製作には200時間がかかります。二つの特殊なジュネーヴの職人しか身につけられない伝統芸能を応用しています。文字盤はプラチナ基板で、手で埋め込み、大明火エナメルを覆う。ルイ・ヴィトンは黒、緑松石色、透明色の三色のエナメルを精選し、花のデザインを表現しています。エナメル粉末の選択、重なりの層数、及び粒子の精細さは、数時間の精緻な作業を経て、時計盤を840°Cの高温に置いて一連の焼き上げを行うことができるという意味である。

 
それからマイクロ絵画の工程です。最後の段階では、職人は絵筆を使って10色前後を塗りつぶし、各色を100℃まで加熱したストーブで乾燥させます。

 
文字盤にはダイヤモンドやルビーをはめ込み、18 Kのプラチナ針がバラの枝の茎を巧みにデザインしました。ケースは白金とチタンの金属の材質を応用して、直径の41 mm、時計の輪、時計の耳と時計の冠もすべて白いダイヤモンドを象眼して、これによって表現盤の精緻な美学を反映します。

Comment is closed.