宇宙ファンのコレクション

オメガは、超覇シリーズ「初のオメガ宇宙時計」の記念版を発売しました。1962年に宇宙飛行士のワルター・シュエラさんが着用して宇宙に進出した前衛腕時計です。腕時計は39.7ミリSedna®18 Kの金のケースを採用し、茶色の研磨セラミックの輪とマットな光窒化クロムの速度測定目盛りを組み合わせています。薄い銀色の文字盤も同じ茶色の小さい文字盤と分輪があります。特に、表の背には1962年の原型の表の海馬の紋章の模様が復元され、限定番号などが刻まれています。また、腕時計にはベージュの縫い目が施された茶色の皮のバンドを組み合わせ、オメガ1861の手動でチェーンムーブメントを搭載しています。

Comment is closed.