腕時計:大切な時計道具

最初の腕時計は19世紀の末に現れました。アクセサリーとして女性の腕輪に付いている小さな時計です。第一次世界大戦が終わってから、腕時計は男性、女性が使える生活必需品になりました。

 
ロレックスの創始者ハンス・ウィルスキードーフが最初に腕時計を重要な時計として宣伝し始めた時、男性評論家はスカートをはいても腕時計をつけないほうがいいと言っていました。しかし、第一次世界大戦に参加したパイロットと砲兵にとって、腕時計は唯一の合理的な時間計算の問題解決手段である。

 
設計者は腕時計を伸縮可能なバンドに設計し、腕に時計の表面を付け、鋭い金属を異なる形の透かし殻にして、時計の表面のガラスを保護します。兵士たちはこれらの「戦地表」を記念品として家に持ち帰り、ついに男性たちも腕時計を着用するようになりました。1914年、イギリスの保天文台はロレックスにA級精確証明書(これまで海事計のための特別な栄誉)を授与しました。腕時計の正確さを批判した評論家たちにも反撃しました。20世紀の30年代になると、腕時計は腕時計の地位に取って代わって、人々の最も持ちたい移動の時計のツールになります。

 
新しいアイデアも腕時計のデザインを変えています。1969年に初めて発売された精密石英クロノグラフのムーブメントは、より経済的な腕時計が作られることを意味し、完全に正確なクロノグラフ機能を実現しました。70年代に登場した電子時計は、より多くの機能性のあるデザインの可能性を引き出しています。1983年に、スウィッチブランドは一連の安価でファッション的な腕時計を発売しました。様々な鮮やかな色のプラスチックのバンドに高効率で丈夫な内部配置が付けられています。このデザインは瞬く間に人々が先を争って買いあさるファッションアイテムになりました。

 
サングラスやハンドバッグのように、多くのハイエンドデザイナーブランドも腕時計をデザインの製品の範囲に組み入れ始めました。例えば、古琦、シャネル、ルイ・ヴィトンなどです。しかし、2000年になると、携帯電話は腕時計の代わりに流行の時報手段として位置づけられ始めた。若い世代にとって、腕時計は機能的な道具として、それほど人気がありません。

评论已关闭。