表冠の起源

懐中時計の時代の初期に、冠はまだ現れていません。この時、人々が時計にねじを巻く道具は鍵です。

 
その時の時計盤面や時計の背には、少なくとも一つのチェーン穴があります。ねじの動力を補充する必要がある時、人々は通称「鍵」と呼ばれるものを差し込んでチェーンを完成させます。学校を調整する時間が必要な時、通常のやり方はフェイスカバーを開けて、直接手で針を動かして調整します。不思議に聞こえますか?時計の針がない時代には、操作は簡単で乱暴だった。

 
しかし、時計に大きなダメージを与え、チェーンを頻繁に開けて調節すると、ほこりが入りやすいというのが常識です。もし鍵をなくしたら、それはさらに大きな不便をもたらす。この問題を解決するために、一代の時計師はたゆまず研究を続けてきました。19世紀の中ごろになって、新しい部品の冠が現れました。

 
表冠が発明された後、徐々にキーホルダーに取って代わって、時計の使いやすさと耐久性が大幅に向上しました。しかし、最初は表冠ではなく、「knob」と呼ばれていました。当時の人々が懐中時計をつけていただけに、懐中時計の「knob」は12時の位置に設置されていました。操作を容易にするために、上には転輪模様の彫刻が刻まれています。懐中時計の冠のように見えます。

 
時計の冠の出現により、頻繁にチェーンを開けて調整する必要がなくなり、時計の防塵能力が大幅に向上しました。しかし、ゴムの輪とねじ込み式の後蓋はまだ発明されていません。時計の密封性はまだ低いです。外界の汚物はやはり表冠などの部品を通して浸透しやすいです。この難問を初歩的に解決したのはやはりロレックスの創始者ハンスウェルズドーフで、彼は20世紀の初期に有名なカキ式のケースを創造しました。その中には特殊なスピン入力式の冠などの特許技術が含まれています。時計の密封性を大幅に高めて、時計の世界に革命的な変化をもたらしました。(実際にはこの歴史には一定の論争があり、もうすでに編入式の冠が発明されたという見方があります。ハンスはそれを大いに発揚するだけです。)

 
そのため、表の冠は簡単に見えるが、上のチェーン調整時の使いやすさと密閉保護の耐久性を兼ねるのは容易ではない。これもいくつかのタブブランドが表の冠を作る工程を外注しているのは、高い品質の冠を生産するのが確かに難しいからである。

评论已关闭。