深藍経典IWC柏濤菲諾の時計「150周年」特別版

今年、シャフハウゼンIWC万国時計はブランド150周年記念特別版シリーズの中で、柏濤菲諾の3つの限定モデルを発売しました。その中の一つは柏濤菲諾の手作りの月相腕時計です。精密鋼で作って、青い漆の文字盤を合わせます。ローマ数字時標、葉形針などの古典的な要素を融合させました。微妙なコントラストが魅力的です。精鋼は350枚限定です。公式モデル:IW 516405

 
1970年代末期、クオーツ腕時計が活躍しましたが、IWC万俵のデザイナーは、性能が信頼できて、クラシックなデザインの腕時計に対して、人々の情熱がこもっていることを観察しました。石英の嵐の中で誕生した柏濤菲諾腕時計は最も美しい月相で、機械的な表を守る伝統の最も優雅な証人としています。

 
暗い藍色の夜の空、銀の月は時々雲の中で現れて、時には星の上で懸かって、まさに柏濤の菲諾の静かで潤いがある夜のようです。一念の間には、アンドレ・ボチェリがゆっくりと「I found my love in Portoffino」を歌っているのが聞こえます。

 
腕時計の直径は45 mmで、ケースの厚さは13.2 mmです。両面反射防止アーチの縁にあるサファイアガラスの時計鏡を通して、時計盤の上の精巧な白い押し印の目盛り、数字とロジウムメッキの針が見えます。

 
IWC万俵柏濤菲諾シリーズの月相は、機械芸術に文芸の雰囲気を加えただけでなく、機械時計が現れる前に月の隠れた姿を通して時間の流れを記録していることを世界に知らせる意図を示しています。千百年の移り変わりは、月相の満ち欠ける輪廻にも過ぎない。
日付表示ウィンドウは3時の位置にあります。

 
6時位置は秒針で表示されます。9時の位置は8日間の動力準備表示ウィンドウです。

 
精鋼の時計の耳の質感は柔らかくてきめ細かくて、線はなめらかです。全体的に見て、腕時計と完璧に一体化し、時計全体の美感を表現しています。

Comment is closed.