精彫刻細琢孔氏エナメル腕時計登場2019中国ブランドデーイベント

5月10日、2019年の中国ブランドデーシリーズのイベントが上海展覧センターで正式に始まりました。今回の活動のテーマは「中国ブランド、世界共有;ブランドの建設を加速し、高品質の発展を牽引し、国産品の逸品に焦点を当て、ブランドの魅力を感じる」で、全部で13個の自主ブランドの消費品体験エリアを設置し、200近くの自主ブランド企業を選抜して中国製品の精品を集中的に展示しました。
腕時計といえば、まず思い出すのはスイス時計ですが、時計業界の自主ブランド消費品体験エリアでは、精巧な工芸品の孔氏エナメル時計が中国の腕時計ブランドの「雄心壮志」を見学者に見せました。

 
2007年に孔氏エナメルが創設され、民族ブランドとして、孔氏エナメルが清宮造所のエナメル技術を継承し、世界で最も難しいエナメルマイクロ技術に挑戦し、エナメルを方寸腕時計の文字盤に製作した。エナメル表を作るには工芸だけではなく、エナメル表を描くのも芸術です。トップクラスのエナメル師は絵画において高い造詣が必要です。彼らは造形、色彩、線などにおいて、気軽に習熟しています。また、大家個人の創造も必要です。

 
孔氏エナメルは中国宮廷エナメルの復興を自任し、エナメルの技術を熟練した技術者を集め、絞糸、内記入、微絵の三大秘金マイクロ縮小エナメル工芸を採用し、金、銀、銅、セラミックの時計とアクセサリーを生産しています。

 
孔氏エナメルは複雑な宮廷エナメル工芸を中国の五千年の優れた文化と結合し、時計に応用し、国際的なブランドに匹敵するエナメル工芸で世界的に有名になり、2014年から六年連続でスイスバーゼル国際時計ジュエリー展に出展し、多くの世界的な時計職人の称賛を得ました。後Anitaさんなど。

 
孔氏エナメルは今回の中国ブランドデーのために「飛竜乗雲」の球形腕時計を製作しました。この腕時計は孔氏エナメル平面腕時計の再度の突破です。

 
「これは世界初の球形エナメル腕時計で、工程が複雑で、前の段階は球面半径、図幅、輪郭線などに基づいて総合的に描き、後の技術者は平面要求より高い球形固定技術を細心かつ根気よく完成しました。3ヶ月の間、絞糸点の藍とより精密な研磨を経て、千時間以上制作し、何万回も手作業のプロセスを磨きました。彩雲竜騰模様は活気にあふれ、武勇不屈であることを示しており、中国ブランドが飛竜雲のように自分の輝きを作り上げることを意味している」と、孔氏時計グループの孔令俊会長は紹介している。

 
現在、孔氏エナメルは全面的なエナメルプロセスを持っています。孔氏エナメルは自社で製品の品質を重視し、長年にわたってエナメルの製造技術を厳しく要求してきました。絞糸、内填、微絵の三大秘金マイクロ縮小エナメルの技術を絶えず改善し、かなり高い芸術水準を達成しました。

 
今後、孔氏エナメルは国家ブランド戦略の牽引のもと、引き続き努力し、世界一流企業を標的にし、品種の増産、品質向上、ブランドの創出に力を入れ、企業運行と製品サービスの品質を全面的に向上させ、ブランドの影響力を高め、消費者が覚えて、鳴き、信頼できる「金字看板」を作り上げる。

评论已关闭。