君と出会うと「芯」が動く

出会った最初の「芯」が、君のためになる
忙しい朝、オフィスでブルガリアのバラとティソのドルールシリーズの腕時計を受け取って、みんなの羨ましくした目を気にしないで、私の愛に対する愛の限りがないことを気にします。今朝、あなたは私の空気の中で、ロマンチックな雰囲気を持っています。

 
ドルールシリーズの青い表盤にジャンプする針を見て、あなたがスイスで出会った瞬間、火石の電光間に「芯」が動く。深くて穏やかな澄み切った青い時計の鏡の下で、機械の動力の80の機軸が盛んに動いて、あの時の私達のように落ち着いているように見えて、内心はとっくに鹿にぶつかって乱れています。ドルールシリーズの腕時計が、出会った街角に惚れ返って、出会いの時間を目にして、心をときめく。

 
厚情の昼下がり
三時15分だけに、恋人の午後茶時間。春の水はお茶を焼いて、ピンクの甘いマカロン、さわやかで清新で迅速に味蕾を占めます。今、腕の中の赤いドルールシリーズの腕時計と皿の中のマカロンは互いに呼応する。赤は私の心の中で最もロマンチックな色です。この昼下がり、全てが魅力的で、もう一度、胸をときめく「芯」も心の中にある。

 
ロマンチックなディナー
二人の世界のロマンチックなディナーは、薄香型のキャンドル、1本の濃い情がよくて、一襲して滑らかなワンピースをカットして、優雅で優しいのが良いです。腕の間に精緻なアーチ形のサファイアガラスの時計はスイスの風情の表盤を組み合わせて、優雅なパリの紋紋に添えて、独のドゥール通りの金色になって、優雅で非凡である。この夜、あなたはすべて輝いています。

Comment is closed.