神秘的な美しさを演出した巨波腕時計

銀曜石は静心寧神の効果として知られ、半透明の火山岩である。石体には密雲状の銀点が分布しており、その神秘的な色が宝石に一脈独特の典雅な味わいを注入し、宝石「芸術マスター」たちに新たな腕時計を作る理想的な素材となっている。このような上品な石材は新金の「大波」腕時計のプラチナで刻んだ基礎の部分を用いて、この独特なイメージを作るために、他にも多くの人気を集めている。表盤を作るときは、まず組立部品を赤銅ベースに固定し、その後は日本のローカシロ銅の緑に浸り、独特の緑の色を作る。また、一部の波に対しての放光処理が行われ、瞬時に大波巻きが湧いた質感を強め、最後にメキシコの銀曜石に定着した。この一連のステップは完璧に「静的に見て動く」という視覚的な美しさを作り、色調の神秘的な表盤と色づいている。

 
表盤には、白金彫刻の波が青々としていて、その外観彫刻は日本の画家の葛飾北斎の創製した木刻版画『神奈川の大波』(GrランドWaveのKangara)をモチーフにした。宝石「金属彫刻」の神技処理のもと、波動の力感とダイナミックな美しさとグレー曜石に代表される純潔な調和が鮮やかなコントラストを形成している。

 
一格の美学観を除いて、この腕時計はまたユニークな技術要素を示している。機軸の革新に対する関心の精神を受けて、製表工坊は特にブランドの有名なCal . 13 R 0の手動の上のチェーンのコアを改造して、この腕時計の内に搭載したCalk . 13 R 3 Aの機軸を作った。腕時計の動力は表橋の位置にあることを表示して、精緻な彫刻を鑑賞するために十分な空間を残しました。本体のコアには、3つのシリアルナンバーを搭載しており、上下に連鎖したり動力を放出する機能を実現し、8日間の長動力貯蔵を実現する。2番目のセットボックスは、最初のセットボックスの「リレー」として、第1の発条箱に力を入れ続けます。腕時計は、宝石経典「サイン式」を用いた双層表輪のデザインを採用しています。

Comment is closed.