『陳坤浪漫助愛記』——名士カップル

いつも陳坤が演じている名士の新しいロマンチックな大作を見て、とても面白いと感じました。短い劇の中で、陳坤の紳士の姿が漏れていて、物語の中で彼はずっと人を励まして勇敢に愛を追いかけ、最後に傘を使って人を助けて幸せを求めた。この映画を読んだときには、なんだかお笑いを感じていますが、この陳坤はおばあさんの役になっていますが、二度目に見てみると、なんと違う味を味わっていました。

 
劇中のカップルは名士カップルの対表を身につけて、最終的に甘い結末で終わる。腕時計の簡素な表盤は純粋で清潔な愛情のシンボルで、言葉がなくて、目つきと動作の中で気楽に感動を得ることができます。人と人との間で、お互いに理解と尊重が必要で、カップルの間にもその執着と感動が必要だというのも、それが陳坤の宣伝シーンで表現されている意味だろう。

 
陳坤は、70年後の俳優として、デビュー時間と出演した映画ドラマとしては十分な事業の成功を演じてきたが、最近は陳坤の息子や生母の矛先を指しているのも、通常の生活に戻ってきた芸能人にとって無念とうんざりだ。しかし、すべてのドラマやプロモーションの中で、陳坤は相変わらず自分の演じた役をきちんと解釈していない。

 
昨日の名士時計北京の発表会で、陳坤は名士クリトンシリーズの腕時計をつけて盛大に出席し、名士と共に「当代名士」の定義を語った。クールなスーツ姿で姿を現した陳坤は、上品で、目に漏れたその堅固な覇気の魅力が多くのファンの目を引きつける。陳坤が低調だと思っていたが、この低調の中では違う光を放つことができる。

 
名士は、創始者の「唯美主義、品質を腕時計に乗せる」というブランド格言を受け、職人芸を極致に発揮した。この腕時計は優雅なデザインを採用し、万年暦時計、日付、月曜日、月、月は表盤の中で一目瞭然です。2100年前には、転校をする必要がありません。表殻の色と針の搭載は特に調和がとれていて、黒のバンドはより全体的な魅力を示している。

评论已关闭。