王建民の「後力」はマスチャンが軽やかに感じられない

王建民紀元の『後力』は昨年、興行収入の長紅を上映し、再び大リーグの投手丘に立ち、王建民は心身の限界に挑戦し、無数の人を感動させた。王建民は今日、星辰表(CTZen)光動能新表記者会見に出席され、1羽のプロテッド光動能GPSを着用した時F 950のカウントダウン表を着用し、重さは109公グラムだけで、「気にしていない」と大騒ぎした。

 
これまで一兄の王建民は、マスチャンの活動に出席して、緊張していて、事前にモデルを参考にして腕時計を披露している。星辰表のプロットリストがGPSの位置と衛星を備えたとき、アメリカの台湾でよく走ることに便利な彼には便利だ。

 
は1989年、今年はちょうど30年になった。王建民が着用したブランドは、今年の広告の主力金の341 – 58 E腕時計、F 950機を搭載しており、GPS衛星の受信速度が2倍になり、光動能の効果はさらに向上し、電気を満たした後に5年、チタンの金属の殻や宝石の表面を合わせて、軽くてさらに長持ちする。

 

http://www.hotwatchesintroduction.xyz/

 

评论已关闭。