アテネでは新たな42 mm入門の潜水表が発表された

アテネでは新しいダイビング表が発売された。この新しい新しい表のサイズは42 mmで、この時計は直径が変わっただけではなくて、それは更にブランドの旗の下で新しい入門級の製品になります。この3針時計には、非常に注目された新式の復古スタイルがある。その表盤はもっときれいになっていて、砂細工を通して繊細なテクニカルな質感を醸し出した時には、米黄色の色調を最大として再現していた。面白いことに、その盤面の6時の位置には、頭に触れることができない心文が2行ありますが、これは実はアテネの表地、スイスのLeラブによる経度と緯度です。1金の潜水時計として、この時計の時の落札と針はすべて強効な夜の光の材質をかぶせて、そして60分の刻度の1方向の回転表の輪を備えて、その防水レベルは300メートルです。

 
この表の内部には、Cal . O – 816型のチェーンコアが搭載されています。時、分、秒、日付の表示機能が搭載されています。この機軸はSerita 12300によって磨かれたが、アテネに大規模な修正が行われたのは、シリコン部品を調整速度に組み入れることである。その振動の周波数は2800 vphで、42時間の動力備蓄を提供することができる。その裏表にはアンチやサメの模様が刻まれている。

 

新しいアテネのディバーダイビングシリーズ42 mm腕時計は多種の表帯があります:黒色または濃い青色の織物あるいは小さい牛の皮の表帯、および精緻なミラノチェーンがあります。青色のPVDコーティングプロセスを経て、オレンジ色のカラーを使用したブルーサメの特別版時計は300枚限定で発売されています。価格面では、新しいアテネディバーダイビングシリーズ42 mm腕時計織物/革の表帯デザインの価格は5800スイング、ミラノチェーンは6500レディで、ブルーサメの限定版は6800スイング。

Comment is closed.