予熱SHH 2019カルティエは、新しいPolvのシリーズ腕時計を発売

SHH 2019(2019年ジュネーヴ高級時計サロン)の開幕から2カ月足らずの間、カルティエは新しいPenvのシリーズを発表したばかり。このシリーズの腕時計はすべて酒樽型で、表殻の形は強力で純粋で、表盤は長方形と楕円形の間に介在して、筐体は少し曲げて、より良く腕を合わせる。

 
今年、カルティエは、再設計した時の腕時計と透かし彫りの腕時計を通してこの伝奇的なスタイルに敬意を表し、腕時計の美学を別の段階に引き上げる。バラ金やプラチナの表殻は楕円、曲げ形状になり、手首の輪郭に従います。ローマの数字、レールの刻度、上弦表の冠を象眼してルビー、革の表帯、耳でねじを飾って、これらはすべてカルティエのシンボル性の製表の元素です。新しい腕時計は1906年のオリジナルモデルに忠実だったが、再設計を経て、現代の需要を満たすため、たとえば腕時計の完璧な防水を確保する。

 
表の輪が一体成型し、その輪郭と表耳が殻に溶け込む。表盤の背景と放光めっきの数字とは対照的で、その中にはバラ金版がシャンパンの色、プラチナ版が銀白となっている。表冠にはルビーの一つを象眼する。19本の宝石を含む1917 MCを搭載し、38時間の動力備蓄を提供する。二つのバージョンは100枚限定で発行されている。

 
第2項は透かし彫りの腕時計で、カルティエはこれに対して、SECシリーズのTonsau XL 2時間帯に敬意を表し、後者は率先して2つの独立メカニズムを採用した。弧の表殻、双時間区の機能、新型の99 19 MC機のコア、歯車系は一線を結んで、全体の構造は整然としている動作があります:すべてがすべての技術と革新の精神を必要とします。

Comment is closed.