ローマの熱烈と大胆さ

イタリアは情熱と歓楽を世界に有名にします。イタリアの人々は、感情、美学、料理、建築、色――「Larger san Life」という意味で、「超抜群」という短語を表現するのは、ローマの精神に対する最も精確であることかもしれません。

 
ロマ人は生活の道をよく知っていて、この永遠の町で、人々は気ままに生活を楽しむことができない。各大ローマ文化派の中で、紀元前307年に創設されたエリザル学派(Epicureanism)は、快楽主義の至高の地位と重要な意義を宣伝し、ロマ人がその後数世紀の生活様式に深く影響を与えた。「楽は今」というのは、快楽主義文化の要旨の一つであり、ロマ人には生まれている権利だと言われている。

 
ローマを美学博物館に例えるなら、ブルガリは現代の美学の一面を掲げている。ローマに生まれたブルガリは、この古典の城を流れる恒久的な魅力を集めている。この街をモチーフにした女装腕時計は、この町の風情を受け継いでいる。ブルガリは先日、上海のブルガリホテルで「意式珍宝閣」のテーマ展を呈し、ブルガリの多額の腕時計を人前に見せたが、その中で女性の腕時計はローマの風情を体現している。

Comment is closed.