ジュネーヴの分寸と内収束

スイスは今の製表の国だが、最初の製表職人は実はフランスから来た。16世紀末、フランスの宗教闘争は大難を招いて、ガルビンに追随した胡格ノ派教徒がスイスに脱出し、時計を作る技術を持ってきた。このようなフランス芸は、地元の金銀のアクセサリー業と結びついて、スイスの制表業が出てきました。フランスに近いジュネーヴから外へ出て、主に汝ララ山脈の一線沿いに東北に広がっていて、東北のシャフハウゼンに至るまで、スイス北半部にわたって咲いていました。

 
スイスの多くの谷では、冬になるたびに雪が降っていて、芸を持っている職人たちが家に出ることはできず、家で精密部品を作ることしかできない。天の時の地利人との役割のもとに、後に精確と品質で有名なスイスの時計が生まれる。このような法度の厳格さと詳細に対する堅持は、スイスの腕時計のデザインスタイルでよく知ることができる。例えば、スイスの製表技術と美学の認証マーク「ジュネーヴの印」を代表する装飾芸を、どこで逆角にしなければならない、どこが「ジュネーヴの波紋」でルールを決めなければならない。

 
そのため、歴史のあるジュネーヴの製表のブランドは腕時計を作る時に最も重視するのが表盤の配置である。周正、バランス、広く、明るい、これらの言葉は、ジュネーヴのクラシック腕時計の表盤を形容することができます。たとえば江詩丹回経典の運動腕時計は四海のシリーズを縦横に横切って、万年の暦の上で期日、月、月曜日の分野ははっきりしていて、少しも乱れません。これに対応した同シリーズの女性は、ピンクがあっても女性の柔らかさが増しているが、棒状の時の落札、放射性の太陽紋、9時位置の小皿はごくわずかで、時間の流れをほどほどに飾っている。

Comment is closed.