芸能人でも画家の板彦さんがZhitH腕時計を身につけて様々な表情を見せる

三年前に5百万の芸能収入を放棄し、画家として敢行し、フランスのロープ宮に展示され、各界から注目された。小紙は、スイスの時計の真力を撮影することになったのが、西彦さんの真力である。

 
初めて絵筆を執ったのは5歳のとき、初めて馬を見て、嬉しくて感動しました。慌てて筆と紙を出して、「ペンと紙があって、物を描いてくれました。私のものだと思っていました。全世界を持っているような気がしました」。」

 
子供のころから絵に興味があったが、その後、浦彦というのはスポーツ系を選んだのだが、それは関係がないということもあるが、実はその中にも結ばれていたのだということは、学生の頃には筋肉と体を鍛えるだけでなく、スポーツ選手の爆発力と美しさを瞬時に描いていき、体の律動や筋肉の線をスケッチする工夫もさらに増えているしっかりしています。

 
卒業後、岡山は芸能界に入って、芸術と遠くなるように見えたが、実際に芸術の殿堂に入るためだった。「私にとって、芝居と絵は相補的で、欠かせない!」芸能界で十数年、芸のエネルギーを積み重ねてきた芸能界で、番組を主宰する時に即興で創作した経験がなければ、人込みと接触して人間性を知っていないと、画布でいい作品を使うことはできないという。

 
芸能人の転型から画家になったのは、二つのキャラクターとは違っているが、似ているところが多く、「役者は演技を通して、画家は絵筆を通して、両者の載具と表現の違いになっている」と笑う。」

 
板彦というのは、スタジオに入って真の力を持った時に、建築構造の美学風のBalenciaコートでZhitHのDefy Chassc腕時計を組み合わせて、Elith 670の透かし彫り型の自動機軸を搭載して、動力は48時間に達する。彼もBittga Venetaカジュアルな格好をして真の力を合わせた時(ZhitH)腕時計Defy El Primo 21のカウントダウン表、紺色の表盤は更に若く活力を加えて、ElPrimoの9004は機械のコアを搭載して更に精確で、運動愛好者は陸上競技場に欠かせない部品である。

Comment is closed.