秋の濃さ、楓の葉紅:アークドロ金箔彫花エナメル時の小針盤Only Watch名表

秋の色は、二つの色にほかならない。アークドロは、秋の美しい景色を知りながら、Only Watchチャリティーオークションで開催される際に、この金箔彫花エナメル時に、小針盤Only Watch腕時計、金箔の彫花工芸に43ミリの直径18 Kの黄金の殻を飾り、深紅の大明火(GrランドFeu)エナメルを組み合わせて秋の日の盛景を演出している。

 
この色調はあまりにも難易度が高く、大明火のエナメルは数千度の焼き焼きを経て、最後の光を放つことができる。ただ長く訓練を経ている専門の目は、エナメルの色沢が完全に調和がとれているかどうかを見抜くことができます。外科医のような器用な両手は、金箔という図案を完全に半透明のエナメルの上に置くことができる。

 
しかし、アークドロの職人たちは、卓越した追求については、外観の装飾に限らず、ブランドよりも初めてシリコンを時分小針盤に応用した。B宝石水晶表の底には「uniece piece Only Watch 2015」に刻まれており、底蓋を通して精工細製の機軸の美態を味わうことができる。この独一の時計は優雅に研究して、ブランドの特有な装飾の元素を集めて、弧の形の時計の耳、トップクラスの手の巻き辺のワニの皮の表帯に関わらず、やはり18 Kの黄金の一体式の針のボタンで、豪華な気性を発揮します。

Comment is closed.