現代的な個性を持っているカルティエPANTTSのCARTTSの腕時計

タラシはカルティエの経典の標識で、1914年に、ファラシは初登場して1項のカルティエのチェーンの腕時計の上で現れて、敷き込みの技法だけで美しいヒョウの紋を表現して、世間の人を驚嘆させて、芸術家の無限な霊感を奮い立たせます。その後、カルティエの有名デザイナー、ルイ・カルティエの親密なパートナーとして、「ザラシ」と呼ばれた貞さんさんは、サザラシのデザインを大きくしました。現在、カルティエ傘下のPANTSTRAMのCARTTSシリーズは、その美学的なスタイルを新作に続き、現代のファッションスタイルを見せている。

 
Pantionre de Cartier腕時計は、1983年に誕生したが、サンザラシという名によって豹の身に染み込まれていないのではなく、金属チェーンが光に照射された明暗コントラストで、ヒョウ紋のような境地を表現している。

 
表殻は経典の外観の設計を採用して、18 kのバラの金の材質は製造して成って、簡潔な線の設計は女性の簡単な特質を明らかに示して、貴金属の生地は女性の高貴な風格を体現していて、サイズは22 x 30ミリ、小番は金を表して、時計の上で1輪の明るい切った丸いドリルを象眼して、バラの金の材質と互いに組み合わせます。豪華な美しさを発揮し、古典的な要素の巧みな運用は現代感覚の制表スタイルを表現します。華美の表殻は厚さが6 mmで、精巧なデザインが女性を彩る。滑らかな表耳デザインはしなやかに腕の間に服して、表の殻と一体成型します。生まれつきの優雅な特質で、シンプルでおしゃれな魅力が腕時計のデザインにあふれる。

 
銀めっきの珠光の光の表盤は精緻なファッションの魅力を発揮して、Pantiple re de Cartierシリーズの大型ローマ数字に続いて設計され、軌道式の刻度盤が時間表示の明瞭度を上げ、青鋼の剣型の針を組み合わせて、全体のスタイリングは女性のおしゃれな魅力を際立たせている。

Comment is closed.