COON COCO 1枚のジュエリー、1つの腕時計、1本の記号

二つの針がその間、この記号が腕時計になった。その腕時計がついに復号化された。1枚の宝石、1つの腕時計、1本の記号。この腕時計の名前:COROCO。

 
最初、COMS COCOは、その秘密を大衆の中に公言していなかった。時間は復号の鍵であり、親密な関係をつくることにも欠かせない。現代の不羈で経典に敬意を表して、時間を縛られないようにして、シャネルの記号は時間の中で永遠である。

 
COON COCOの腕時計の掛け合いの音は、シャネルさんの1955年2月に設計された2.55ハンドバッグの音と同じように、その妙なデザインも表盤の点眼になっている。優雅な開合で、ひっそりと流れた時間が見えてくる。時間そのものは、守られた秘密。黒い表盤に輝いている精巧なダイヤモンドは、いつまでも独特な魅力を放つ。

 
しなやかで軽やかな表鎖は再び菱格紋の経典の図案を解釈して、最小の機軸とも相まってよい。COMS COCOシリーズの腕時計は、次々と作られたシャネルの古典的なシンボルに対する大胆な解釈で、古典を演じ、風上を達成した。

Comment is closed.