Galaxy Watchスマート腕時計は9月に発売されました。

サムスンGalaxy Watchスマート腕時計はGalaxyブランドの名を冠しているだけで、実際にGalaxy Watchの外観とGSTS 3はあまり大きく区別されていません。Galaxy Watchは現在42ミリと46ミリの2種類のサイズで、前者の電池の継続時間は45時間、後者は80時間。すべてのバージョンの防水深さが50メートルに達し、4 GBの記憶スペースを搭載している。

 
外観サイズに加えて、Galaxy Watch Bluetoothのバージョンと、ハードバージョンの内部ハードウェアにも差がある。すべてのBluetoothバージョンの腕時計は768 Mを実行し、その部分の機能はスマートフォンに依存しているが、ハードバージョンの実行メモリは1.5 GBで、セルラーチップを搭載している。これはGalaxy watCHをスマートフォンに独立させることができる。

 
グリップ版Galaxy Watchは、埋め込み式SIMカードを使用してネットワーク接続を行い、外観サイズの大きさと電池容量において、Galaxy Watchと青歯バージョンの違いはない。

 
小型サイズの電撃版Galaxy Watchは、270ミリメートルの電池を使用していたが、セルラーチップの消費量が高すぎるため、サムスンは42ミリシークレットバージョンのGalaxy Watch電池の継続的な航続期限を約束した「最大2日」、42ミリのブルーマッドの電池の継続期間は「最大3日」としている。それに比べて、46ミリの青歯版やスマート版機種の電池容量が大きく、搭載されている472ミリメートルの電池を搭載しており、「4日」の航続時間を確保することができる。

 
サムスンは、同社は8月24日から、以前のGalaxy Watch青歯版への出荷を開始することを明らかにした。なお、現在予約されたBluetoothの機器については、9月2日の同じ週の間にユーザーと一緒に出荷する予定です。サムスンによると、予約奨励として、同社は「1対1」の無料配布活動を提供している。

Comment is closed.