G – SHOCK GMW – B 5000経典の復刻を表す電子時計が雨を呼ぶ時代

1983年にカシオが発表した第1本のG – shok腕時計- dw – 5000、2018年までに35周年を迎えたが、G – shokも科学技術とファッションの発展によって進化し、この35年で時代の先端を続け、素晴らしい市場表現を獲得してきた。先ごろ、累計出荷が1億本を突破した新記録を達成した。

 
しかし最近では、カシオは、新しい製品のGMW – B 5 000 Dを事前に発表した。これは金属の「小方の塊」です。最も経典的なDW – 5000をブルーにするか、あるいは電波と太陽エネルギーを備えたGW – 5000をブルーにする。全金属の表殻とバンドを交換して、機能的にはブルーの歯の機能を加えて、新しい液晶表示とバックライトシステムを交換しました。それによって新しい古典的な製品を作りました。

 
具体的には、GMW – B 500 Dシリーズは現在2つに分けられており、1機種はGMW – B 5000 D – 1で、このシリーズの基礎金として、銀色の放光設計のケースを採用しており、価格は60000円、約3600元となっている。また、1機種はGMW – B 5000 TFG – 9で、今回の35周年記念金の1本となっているため、金色を投げた外殻を採用していて、非常に高い気がします。価格も少し高く、70000円、約4200元になります。

Comment is closed.